読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっきナンパ

おっきマンのナンパブログ

陽射しの中のリアル

 

                    

私は、この日を生涯忘れることはないだろう...

                                               byおっきマン

                    

 

2月某日...

 

おっきマンは、多忙を極めていた。

 

街に出れぬストレスから、メンヘラる一歩手前であることは、おっきマン自身が1番に理解していた。

 

『今日は、命を削ってでも出よう。』

 

この選択が、おっきマンの運命を変えることになるとは、この時、知る由もなかった...

 

 

おっきマンは、ショボ腕だ。

 

おっきマンを名乗り始めて5ヶ月、未だ即ったことがない....

 

つまり即童貞である。

 

f:id:Okki_Man:20170315003329j:plain

 

だがしかし、幸いなことに仲間に恵まれている。

 

そう、沖縄クラスタである。

 

沖縄クラスタの皆様は、イケメンに加えて、おっきマンのようなチンカスにも仲良くして下さる優しさも兼ね備えており、ユニセフも裸足で逃げ出す程のマジ神集団。

 

今宵、おっきマンがコンビを組んでいただいたのは、海老zoさん

 

海老zoさんは、イケメン・優しい・カッコイイのトリプルスリーである。

 

f:id:Okki_Man:20170315015228p:plain

 

 

いつもの場所でストること数回、ラッキーなことにあっさり連れ出し。

 

海老zoさん案件 → 小林麻央

おっきマン案件 → おっきウーマン

 

適当に会話すること数十分.....

 

 

ioiが無いww

 

心が折れながらも、ハンドテストをしてみる.....

 

ノーグダww

しかも、握り返してくるww

 

おっきウーマンは、会話でioiを出さないパターンのやつであった。

 

場も温まり、おっきウーマンの押しの弱さが判明したところで、セパ打診。

 

「俺、もっとお前のこと知りたいから2人で2次会行こ!!」

「でも友達いるし.....」

「大丈夫、俺の相方めっちゃいい人だから、心配すんな!」

「......うん」

 

おっきウーマンは、こんな適当なセパにも応じるド即系の素晴らしい娘であった。

 

行ける!と確信したおっきマンは、セパ後の予定であったバーをすっ飛ばして、さりげなくホテルに向かう!!

 

ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o ブーン

 

 

ホテル前にて、

 

「絶対入らないよ!!」

 

 

グダきたーーーーーー!!

 

 

f:id:Okki_Man:20170315004220p:plain

 

おっきマンは考える.....

 

おっきマンは、数々のナンパブログを読んできた。

 

この状況に対する答えが、先人達のナンパブログにあるはずだ!!

 

脳内の回路をフル稼働する。

 

(´-`).。oO(そうだ!!、ホテルに入る理由が必要だ!!)

 

しかし、アイスクリームも酒も買っていない。

 

おっきマン万事休す!!

 

(´-`).。oO(もう、これしかない!!)

 

 

 

「トイレ借りよ!」

 

手を引っ張りホテルイン!

 

そして、リアルに用を足し、さりげなくシークレット・ティンクリーン

 

逃げられている可能性を感じつつ、恐る恐るトイレを出ると、そこには......

 

 

 「......」

 

女の顔でベッドにスタンバイwww

 

(´-`).。oO(やる気満々やないかーい!!)

 

からの

 

即!!

 

からの

 

チングダ!!

 

f:id:Okki_Man:20170315003520j:plain

 

 

  .......

 

こうして、おっきマンは、無事に初即を迎えることができた。

 

ホテルを出ると、眩しくて目を細める。

 

その陽射しは、祝福するかのようにおっきマンを包み、化粧とスト値の落ちたおっきウーマンを照らした。

 

 

 

fin~