おっきナンパ

おっきマンのナンパブログ

夏のひとしずく①

 

                    


f:id:Okki_Man:20170825191156j:image

                                               byおっきマン

                    

 

おっきマンが東京の地に降り立ち早4ヵ月が過ぎた。(内1ヶ月仙台)

 

地方で活動していたおっきマンは、東京のガンシカに慣れずにメンヘラ化していたが、最近になって少しずつであるが結果で出るようになってきた。

 

今年の盆休みは、沖縄クラスタ観光子を即るための計画をシコシコ練っていた。

 

     20時 巨大都市「那覇


f:id:Okki_Man:20170824192236j:image

当日は、一緒にナンパを始めた友人と居酒屋で再会の酒を酌み交わし、近況を語り合った後に箱に向かった。

 

     「ピカ箱」

 

ピカ箱は、沖縄人(ウチナンチュ)のみでなく内地人(ナイチャー)も多く、沖縄の箱では1番のナンパ箱である。

 

音を聞きにくる人を見たことがない......

 

 

「さぁ、ゲームをはじめようか」

 

まずは、箱内の観察から始める。

 

平日ということもあり、人もまばらだ。

 

そして、ナンパ師らしき人も見当たらない。

 

良くも悪くも田舎の箱である。

 

ほとんどの女の子は踊り狂っており、もれなく周りに野生が付いている。

 

踊っていない子はレディースシートから出てこない。

 

しかし、ひとたびレディースシートに入ろうものなら、ガチムチ黒人セキュリティに拉致されて肉便器に.....


f:id:Okki_Man:20170824192102j:image

まさに籠の中の小鳥であり、勇気をもって外の世界に飛び立って欲しいと思う。

 

認識作業する程の人数もおらず、つまらなそうにしてもしょうがないないので、酔っ払いながら踊っていると、1時間後の世界にタイムスリップしていた。

 

焦って周りを見渡すと、野生達がパワーギラをしている。

 

おっきマンは、華奢なインキャであるため、アモッグなんて出来ない。

 

これを逆手に取ろうと、後方で野生のパワーギラに耐えかねた女の子を探す。

 

すると、タイミング良く前方から1羽の小鳥が彷徨ってきた。

 

「ピヨピヨ、ピヨピヨ」

 

小鳥「ピヨピヨ。ピヨピヨ」

 

紳士的なお兄さんをイメージして振る舞う。

 

「ピヨピヨ、ピヨピヨ」

 

小鳥「ピヨピヨ」

 

連れ出し!!

 

どうやら、小鳥JDであり、なんとおっきマンが卒業した大学の後輩であることが発覚する。(以下JD子)

 

そして、JD子は車で来ているので酒が飲めないようだ。

 

予定していた居酒屋をすっ飛ばしてJD子の車でいつもの海に向かう。

 

  ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ


f:id:Okki_Man:20170824193210j:image

 

       某ビーチにて

 

「ピヨピヨ、ピヨピヨ」

 

JD子「ピヨピヨ。ピヨピヨ」

 

&JD子「チュッチュッ ペロペロ」

 

ホテルin

 

 .....................

 

 

JD子「挿入はマジ無理!!」

 


お「What's!!!」


f:id:Okki_Man:20170824201536j:image

先程、これまでの恋愛経験については話していたが、掘り下げてみると、どうやらSEXにトラウマがあるようだ。

 

JD子「笛で我慢して!!」

 

ナンパ師はピストン制度を採用しているため、笛は即数にカウントされない。

 

どうするべきであろうか....

 

答えはとうに決まっていた。

 

SEXの素晴らしさを語る。


f:id:Okki_Man:20170824201744j:image

グダ.....

 

食い付きは間違いなく高い。

 

これまでの話だと恋愛経験が浅くトラウマを持っている。

 

裏切られたくないのだろう。

 

会ったばかりグダだ。

 

「やっぱ、会ったばかりだからだよな?」

 

JD子「..........」

 

ビンゴ!!

 

このグダに有効なルーティーンをおっきマンは知っていた。

 

ナンパ界の先人達に感謝して使わせてもらう。

 

「じゃあ、なんでホテルまで着いてきてくれたの?楽しかったからでしょ?」

 

JD子「うん.....」

 

「俺が今から付き合おうって言うのは簡単だよ。でも、俺がJD子を抱くためだけに付き合おうって言ったらどうする?」

 

JD子「..........」

 

「だから、関係性ばかりこだわってもしょうがないんだ。まだ恋愛経験浅いから分からないこともたくさんあると思う。」

 

JD子「うん.....」

 

「だからこそ自分の殻に閉じこもってないで、もっといろいろ経験した方がいい。絶対後悔させないから」

 

JD子「.....分かった」

 

ルーティーンを使用して言いくるめてしまったことに罪悪感があったが、その分優しく抱いてあげようと思った.......

 

 

JD子「でもちょっと待って!」

   「コンドーム持ってる?破れたりしない?」

 

おっきマンはポケットから近藤さん1枚手に取り、袋から取り出すとJD子の前で力の限り引っ張った。


f:id:Okki_Man:20170824194941j:image

「コンドームすごいだろwww」

 

JD子「すごーいwww」

 

 

ギラ

 

JD子「少し痛い」

   ・

   ・

        「くすぐったい」

   ・

   ・

        「変な感じ」

   ・

   ・

        「気持ちぃ」

 

即\(^o^)/

 

 

            

     

 

 

シーツの上にはJD子のおつゆが陽だまりのように広がっており、おっきマンの心を温かくした。

 

そのひとしずくの陽だまりは、夏の風物詩として後世に語り継がれるだろう

 

JD子「下着が濡れて気持ち悪い!」

   「帰り車だからパンツ着けなくても大丈夫かな?」

 

「いいんじゃねwww」 

 

 

      帰り道

 

JD子「気持ちかった。またしてもいいよ!」

 

「お前がしたいだけだろ!!」 

 

JD子「んふふ。でもトラウマ克服できた。ありがとう。」

 

そしてJD子は、沖縄の夏のような開放的なお股で帰っていった。

 

fin~

見上げてごらん、夜空の星を

 

                    
You’ll never find ster if you’re looking down.

                                               byおっきマン

                    

 

6月某日...

 

上司「ちょっと東北行ってきて」

 

「わろたww」

 

 

 おっきナンパ東北編はっっじまるよーーーー!!!

f:id:Okki_Man:20170309021528p:plain

 

 新幹線バビューーーン ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

 

     杜の都「仙台」

 

おっきマンは、初めて足を踏み入れる土地への不安で少し病んだ

 

酒でも飲んで精神を安定させようと思ったが、部屋に何もないので、もっと病んだ

 

しかし、

 

 天を知り、地を知れば、すなわち勝、窮まらず

                                                   by孫子

 

.....と中国のスゴ腕が言っていたので、ナンパスポットを探すために外の世界に飛び出した

 

仙台には、屋根付きのアーケード街がある

 

そこには、居酒屋や満喫、カラオケ等の連れ出し場所もあり、雨の日もストることができる

 
f:id:Okki_Man:20170626212114j:image

予想外の良い環境に、おっきマンは、とりあえず一旦股間を触った

 

         翌週

 

現地のナンパ師の方と合流させてもらう

 

いい人わろた\(^o^)/

 

コンビを組んでもらい、アーケードで2人組の女性に声掛け

 

「今日も星が綺麗だねww」

 

店長「屋根あるから見えないでしょww」

 

部下「チャラい、わろたww」

 

店長部下で飲んでいたらしい

 

バー連れ出し

 

適当に和みつつ、どちらがタイプか聞いてみる.....

 

 

おっきマン0票

 

(´-`).。oO(部下の方、空気読めやい!!)

 

なんて思いつつも、部下も素直な女性なだけで、単純におっきマンに魅力が無いだけであった

 

ぶちゃいくに産まれてトゥイマテーンww

 

結局、セパれずに放流されイズ箱へ(ง ˙o˙)ว

 
f:id:Okki_Man:20170626221536j:image

 

 

何も生まれず(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

 

         深夜3時

 

f:id:Okki_Man:20170627223814p:plain

 

街は静まり返り、街灯と朧気な月のみがおっきマンを照らす

 

ふと、真矢みきが応援してくれた気がした


f:id:Okki_Man:20170627183228j:image

そのとき、電話中の女の子発見!!

 

残り少ないチャンス、絶対に物にしたい

 

「今日も星が綺麗だね」

 

ギャル「全然見えないw」

 

ギャルきたーーー(*´Д`)ハァハァ

 

少し話してみたところ

・彼氏と喧嘩した

・始発まで時間潰してる

・キャバ

 

 即系\(^o^)/

 

「始発まで映画見に行こ!」

 

ギャル「こんな時間にやってるわけないw」

 

実は、おっきマンは、24時間いつでも入れるプライベートな映画館を知っていた

 

「俺にまかせろ( ゚Д゚)y─┛~~」

 

 

満喫イン!!

 

映画を流しながら適当に話す

 

ギャル「彼氏が~うんたらかんたら~~」

 

「うんうん!そうだな!大変だな!」

 

時折、ギャルはグロいシーンで目を伏せる

 

(´-`).。oO(誘い上手やーん!!)

 

と思い、目を伏せたときにキス

 

すると、スイッチが入ったので.....


f:id:Okki_Man:20170626222510j:image

からの

 

ノーグダ即!!


しかし、飲み過ぎたためチングダ

 
f:id:Okki_Man:20170626222415j:image

 

シゴいてもらうw

 

f:id:Okki_Man:20170627220611p:plain

 

半おっきマン!!

 

 

            

     

 

 

横になりながら会話する2人

 

少しも内容が入ってこない映画が流れている

 

「なんで付いて来てくれたの?」

 

ギャル「暇だったから」

 

「今日も星が綺麗だね!ってやつどーだった?」

 

ギャル「全然つまらなかった」

 

 

わろた\(^o^)/

 

 

fin~

いろとりどりのヒカリ

 

                    

That's one small step for a man,

        one giant leap for mankind.

                                               byおっきマン

                    

 

5月某日...

 

     金と欲望が渦巻く街「獅子」

 

f:id:Okki_Man:20170515221851j:plain

ある者はカネを求めて...

 

また、ある者は夢を求めて...

 

この街には、夢を持つ者を吸い寄せる魔力がある

 

おっきマンもこの街に吸い寄せられた一人であろうか?

 

いや、違う!!

 

はじめから夢なんか持ち合わせていない

 

ただ、精液が溜まっており、現実の女の子を即りたいだけだった

 

 
         4月下旬

 

故郷を離れ、上京したおっきマンは、なんやかんやでストに出れずにいた

 

また、慣れない土地での生活に知らず知らずストレスが溜まり、メンヘラと化すのも時間の問題であった

 

GWには、故郷に帰って療養したいところであったが、皆に見送られた手前、ノコノコ帰るわけにもいかない

 

そこで、ストリートに出ることにした

 

 

     若者の街「犬」

 

土地勘のないおっきマンは、とりあえず人の多そうなところにいた

 

「人がゴミのようだ」とは、良く言ったものだ

 

田舎でナンパをしていたおっきマンは、都会の雰囲気に圧倒されると同時に、女の子の多さに股間を膨らませた

 

声掛けをスタートする

 

ガンシカ

 

ガンシカ

 

終電グダ...

 

わろた\(^o^)/

 

反応が悪い(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

いや、おっきマンが下手くそでブサメンだからである

 

数声掛けするうちに、持ち前の豆腐メンタルが折れてしまい、ただの観光になってしまった

 

 

     数日後 眠らない街「獅子」

 

この日は、友人とバーでシティーボーイ風に酒を飲んでいた

 

おっきマンも上京し、早1ヶ月が経過していた

 

そろそろ、即報を挙げないと沖縄クラスタに顔向けできない

 

今日こそは即りたいと意気込み、バー内でサージングする

 

しかし、フリーの女の子がいない

 

そこで、トイレ側をキープし、出待ち作戦をしていると....

 

想いが通じたのだろうか、荷物をたくさん持った女の子が一人でやってきた

 

すかさずオープンする

 

「荷物多すぎでしょ。家出でもしてるの?」

 

振り向いたその正体は、、、

 

 

f:id:Okki_Man:20170517215740j:plain

ゆりやんレトリィバの上位互換ww

 

しかも、えげつない反応がいい

 

おっきマンの友人は、トイレに行くふりをして逃げていったww

 

少し話してみたところ

・数日間友達の家に泊めてもらっていた

・今日は、満喫あたりに泊まる予定

 

超絶ド即系\(^o^)/

 

東京の闇は深かった...

 

ここから、自分自身との葛藤が始まる

 

(´-`).。oO(高確率で即れる)

 

(´-`).。oO(けど、ユリヤンだしなぁ...)

 

(´-`).。oO(師匠にもドンドン即れと言われたし)

 

(´-`).。oO(けど、ユリヤンだしなぁぁ...)

 

(´-`).。oO(そろそろ即報挙げないと)

 

(´-`).。oO(けど、ユリヤンだしなぁぁぁ...)

 

 

 

f:id:Okki_Man:20170315003517j:plain

 

チンコ「自分のチンコに素直になりなさい」

 

(´-`).。oO(けど、ユリヤンだしなぁぁぁ(;´༎ຶД༎ຶ`)...)

 

(´-`).。oO(即ってから決めよう!!)

 

おっきマンは、マインドセットしてユリヤンを抱く覚悟を決めた

 

そうと決まってからの展開は早かった

 

コンビニで酒を買い、ホテルイン

 

ユリヤンは酒を飲むと、一人でペラペラ喋る可愛い娘であった

 

そろそろ、ギラつけると思い、隣を見る

 

 

f:id:Okki_Man:20170517215740j:plain

 

(´-`).。oO(ユリヤンだったぁぁぁ...)

 

おっきマンの覚悟が揺らぐ

 

しかし、運のいいことに、おっきマンは、コンビニでストロングを購入していたのである

 

 ストロングを秒で飲み干し、ユリヤンの酒を奪い、秒で飲み干す

 

隣を見る

 


f:id:Okki_Man:20170517221248j:image

 

いいぞ、しかし、まだ足りない

 

おっきマンは部屋の灯りを全て消した

 

間接照明もへったくれもない完全なである

 

隣に座る女の子は、もはやユリヤンでもなんでもない

 

闇の中では、絶世の美女もユリヤンも全て等しく、ただの女の子なのである

 

ギラ

 

ノーグダ

 

チングダ

 

最後は、おっきマンの終電グダによりホテルを出る

 

 

        

 

眠らない街とは良く言ったものだ

 

黄色、、、

 

いろとりどりのヒカリがおっきマンを照らす

 

意外に清々しい気持ちであった

 

 

ユリヤンには、感謝している

 

スト高スト低、それからユリヤン、、、

 

みんな違ってみんないい

 

 

fin~

できない私が、くり返す。

 

                    

 上級者への道のりは、

     己が下手さを知りて一歩目

                                               byおっきマン

                    

 

3月某日...

 
三(卍^o^)卍 ドゥルルルルルル
 
本日もオスプレイが、空を自由に駆け回る
 

f:id:Okki_Man:20170330000748p:plain

なんら変哲のない、いつもの日常である

 

おっきマンは思った...

 

(´-`).。oO(そ~らを自由にと~びたいなぁ~♪)

 

 

 おっきナンパ遠征編はっっじまるよーーーー!!!

f:id:Okki_Man:20170309021528p:plain

 

今回の遠征には大きな意味がある
 
おっきマンは、春から新たな地での生活を余儀なくされてしまった
 
それに備えて、持ち前の豆腐メンタルを改善しなければならない
 
ショボ腕を脱却するための修行として、単身、福岡に乗り込んだ
 
(´-`).。oO(ラーメンやもつ鍋は、楽しみにしてないんだからね!!)
 
 
      大都市「天神」
 
おっきマンは福岡が大好きである
 
飯がうまい、酒がうまい、女の子が多い
 
マジ福岡住みたい(*´꒳`*)
 
今回の遠征では、師匠のアーティーさんの紹介で福岡のBOSSと合流させていただく
 
マジでBOSS、ていうかレジェンド
 
レジェンドと昼から乾杯させていただき、天神地下街に向かう
 
  ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ
 
 
実は、おっきマン天神地下街に不信感を抱いていた
 
天神地下街は、薄暗いためクラブのように女が可愛く映ると思っている
 
これを天神地下街マジックと呼ぶとする
 
「こんにちは~」
 
案件「スカウトですか?」
 
「いやいや、善良な一般市民ですよ」
 
案件「絶対うそでしょ 」......
 
スカウトグダ
 
スカウトグダ
 
スカウトグダ
 
グダ......
 
ワロタ\(^o^)/
 
しかし、反応も良く、天神地下街マジックもない
 
声掛けもそこそこに、警備員を警戒して、場所を変更
 
 ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ
 
 
福岡クラスタの方々が集まっているということで地蔵トークに混ぜてもらう
 
皆様、めっちゃいい人(*´꒳`*)
 
兄弟子にも会うことができた₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
 
地蔵トークもそこそこに、コンビを組んでもらいストり始める
 
おっきマンは、福岡遠征のために秘密兵器を密輸してきた
 
「すいません、これ落としましたよ」
 

f:id:Okki_Man:20170412210925j:plain

 
オープン率
 

f:id:Okki_Man:20170412211410p:plain

しかし、和むものの、連れ出せない(^-^;
 
これが、おっきマンがショボ腕たる所以である
 
ワロタ\(^o^)/
 
ここで、場所を移動する
 
 ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ
 
 
スト高が信号待ちをしている
 
(´-`).。oO(とりあえず挨拶だけでもしておこう!)
 
 
「信号待ちですか?奇遇ですね!俺もそうなんですよ!」
 
スト高「クスッww」
 
「運命感じますよね!自分スカウトとかキャッチじゃないですよ!目の前にめっちゃタイプの人通ったんで声掛けないと後悔するなと思ったんで、声掛けました!良かったらオシャレなカフェでお茶しませんか!」
 
スト高「一杯だけなら」
 
スト値9連れ出し
 

f:id:Okki_Man:20170412212836j:plain

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
 
カフェに入る
 
店内の光に照らされた彼女は、夜の街にいた時よりも美しく輝いていた
 
天神地下街マジックである
 
スト高の倒し方は、様々なブログで見てきたが、ここまでのスト高と対峙するのは初めてだ
 
丁寧に自己開示しつつ和み、ネグを多めに入れる
 
しかし、このスト高は、全てのネグを...
 

f:id:Okki_Man:20170412213258j:plain

ヒラリ

 
さらに、ネグをスルーする事に対してネグっても...
 

 

f:id:Okki_Man:20170412213258j:plain

ヒラリ
 
ネグが効かないww
 
次は、コールドリーディングを試す
 
仕事や恋愛の話をしつつ、それっぽいことを言う
 
 

f:id:Okki_Man:20170412213439j:plain

 
当たったwww
 
そこから悩みを聞き出す
 
スト高「何カウンセラーみたいになってんの?」
 
ワロタ\(^o^)/
 
さりげなく聞き出そうとしたが、これ以上教えてくれそうにない......
 
もうおっきマンには有効な技が残されていない 
 
あったとしても、このスト高に対しては意味を成さないだろう
 
そして、最後に彼女は、おっきマンにこう言った
 
スト高「プライド高そうだね」
 
おっきマンは、この数十分で彼女を見透かすことが出来なかった
 
しかし、彼女には、おっきマンという人間が見えていた
 
コールドリーディングのパンチラインが違いすぎる
 
コールドリーディング返しを喰らってしまったのである
 
相手は、年下の女の子だ
 
これほど清々しい負けは初めてだった
 
だからナンパはおもしろい
 
 
               
 
 
街の灯りとは裏腹に空は闇を増していく
 
おっきマンに残された時間も、ごく僅かであった
 
ここで、最終手段の猫箱に移動する
 
おっきマンを坊主にさせないと応援してくれる福岡クラスタの方々
 
その期待に応えるためにも、なんとか即りたい
 
認識作業をする
 
しかし、人が多すぎる
 
適当にオープンし、和むも連れ出せない時間が続く...
 
焦るおっきマン...
 

f:id:Okki_Man:20170412214628j:plain

 レジェンドからパスをいただく
 
カッコよすぎ
 
 
 .........しかし、負ける
 
そして、GTでも負ける
 
結果、最後まで負け続けた...
 
 
悔しかった...
 
しかし、ただそれだけではない
 
レジェンドを始めとする福岡クラスタの方々からいただいた御厚意が嬉しかった
 
そして、その御厚意に対して、即という結果で返すことができずに申し訳なかった
 
さらに、おっきマンが即れなかったことによって、沖縄クラスタを下げてしまった
 
様々な感情が、おっきマンの中を渦巻く
 
おっきマンは、おっさんであるにも関わらず、涙が溢れ出た
 
しかし、この結果が、今のおっきマンの実力に他ならない
 
己が下手さを、嫌という程に突きつけられた
 
もっと上手くなりたい
 

"上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目" であるならこれほど最高の一歩目はないと信じでおっきマンは、強くなると決意した

 
そして、リベンジを誓い、帰路に着く
 
 
        夜
 
 
既セク「あんっ、あんっ!!」
 
既セクちゃんに慰めてもらいましたとさ
 
 
fin~
 

陽射しの中のリアル

 

                    

私は、この日を生涯忘れることはないだろう...

                                               byおっきマン

                    

 

2月某日...

 

おっきマンは、多忙を極めていた。

 

街に出れぬストレスから、メンヘラる一歩手前であることは、おっきマン自身が1番に理解していた。

 

『今日は、命を削ってでも出よう。』

 

この選択が、おっきマンの運命を変えることになるとは、この時、知る由もなかった...

 

 

おっきマンは、ショボ腕だ。

 

おっきマンを名乗り始めて5ヶ月、未だ即ったことがない....

 

つまり即童貞である。

 

f:id:Okki_Man:20170315003329j:plain

 

だがしかし、幸いなことに仲間に恵まれている。

 

そう、沖縄クラスタである。

 

沖縄クラスタの皆様は、イケメンに加えて、おっきマンのようなチンカスにも仲良くして下さる優しさも兼ね備えており、ユニセフも裸足で逃げ出す程のマジ神集団。

 

今宵、おっきマンがコンビを組んでいただいたのは、海老zoさん

 

海老zoさんは、イケメン・優しい・カッコイイのトリプルスリーである。

 

f:id:Okki_Man:20170315015228p:plain

 

 

いつもの場所でストること数回、ラッキーなことにあっさり連れ出し。

 

海老zoさん案件 → 小林麻央

おっきマン案件 → おっきウーマン

 

適当に会話すること数十分.....

 

 

ioiが無いww

 

心が折れながらも、ハンドテストをしてみる.....

 

ノーグダww

しかも、握り返してくるww

 

おっきウーマンは、会話でioiを出さないパターンのやつであった。

 

場も温まり、おっきウーマンの押しの弱さが判明したところで、セパ打診。

 

「俺、もっとお前のこと知りたいから2人で2次会行こ!!」

「でも友達いるし.....」

「大丈夫、俺の相方めっちゃいい人だから、心配すんな!」

「......うん」

 

おっきウーマンは、こんな適当なセパにも応じるド即系の素晴らしい娘であった。

 

行ける!と確信したおっきマンは、セパ後の予定であったバーをすっ飛ばして、さりげなくホテルに向かう!!

 

ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o ブーン

 

 

ホテル前にて、

 

「絶対入らないよ!!」

 

 

グダきたーーーーーー!!

 

 

f:id:Okki_Man:20170315004220p:plain

 

おっきマンは考える.....

 

おっきマンは、数々のナンパブログを読んできた。

 

この状況に対する答えが、先人達のナンパブログにあるはずだ!!

 

脳内の回路をフル稼働する。

 

(´-`).。oO(そうだ!!、ホテルに入る理由が必要だ!!)

 

しかし、アイスクリームも酒も買っていない。

 

おっきマン万事休す!!

 

(´-`).。oO(もう、これしかない!!)

 

 

 

「トイレ借りよ!」

 

手を引っ張りホテルイン!

 

そして、リアルに用を足し、さりげなくシークレット・ティンクリーン

 

逃げられている可能性を感じつつ、恐る恐るトイレを出ると、そこには......

 

 

 「......」

 

女の顔でベッドにスタンバイwww

 

(´-`).。oO(やる気満々やないかーい!!)

 

からの

 

即!!

 

からの

 

チングダ!!

 

f:id:Okki_Man:20170315003520j:plain

 

 

  .......

 

こうして、おっきマンは、無事に初即を迎えることができた。

 

ホテルを出ると、眩しくて目を細める。

 

その陽射しは、祝福するかのようにおっきマンを包み、化粧とスト値の落ちたおっきウーマンを照らした。

 

 

 

fin~

 

 

”Hello, world.”

 

”Hello, world.”

 

”System all green!"

 

f:id:Okki_Man:20170309020632p:plain

 

 

-------   大都市「那覇」。

 

おびただしい数の中国人がひしめく、繁華街。

 

ふと空を見上げると、ひこうき雲の切れ目からオスプレイ

 

街には、悩みと借金を抱えた若者たち。

 

そんな彼らの出会いと別れ。

 

それは何処にでもある、ありふれた話....

 

 

 

 

 

 

 

 おっきマンのナンパブログはっっじまるよーーーー!!!

 

f:id:Okki_Man:20170309021528p:plain

 

 

ご用件がありましたらこちらまでお願いします。

 

Twitter

@okki_manEX